So-net無料ブログ作成
検索選択

Mme. Antoine Mari [バラ]


綺麗に咲きましたね~。
淡い色と濃い色のグラデーションが素敵です。

おまけ:セント・パトリック
ゆっくりゆっくり 花開いてます。


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 6

はじめまして、Yasukoさん☆ 写真集かと思うほど美しいバラたちですね!どうすればこんなに美しく咲かせられるのかしら?やっぱりたゆまぬ愛情と丁寧に手をかけることでしょうか・・・
by (2007-05-31 23:39) 

Yasuko

beads-Delica さん、いらっしゃいませ☆
nice!&コメントをありがとうございます♪
写真集かと思うなんて言って貰えて 嬉しいです。
バラたちが綺麗なのは、もう ほんと 各バラたちの頑張りのおかげです(^^)
わたしはただ ほんの少しお手伝い(水やりに傷んだ葉や咲き終わりの花を摘む、肥料を施す、虫の駆除等)して、朝晩かかさず ひとつずつ見るようにしてるくらいです。
結構 放任してるんで、丁寧になんてことはなく、、、かなりおおざっぱだと思いますよ。薬剤散布もほとんどしてないし‥。
こんなにアバウトでも大丈夫なんだね~なんて言ってるくらいですから。
ただ、毎日かかさず見てあげることは結構 大切なのかな~と思うことが‥。これが、たゆまぬ愛情にあたるかな?
雨が続いたり、おまえは強いから大丈夫だよね!なんて、疎かになってしまうと、その疎かにしてしまったバラは元気がなくなってしまうんですよ。
で、慌てて 元気を出して~!と気にかけると日を追うごとに、シャンとして来たり、新しい芽が育ち始めたりするんですよ(笑)
でも、せっかくこうして頑張ってくれたものを、ちょっとウッカリしてました‥で新芽をダメにしたりして‥。この先がとっても心配なミニバラちゃんがおりますが、根っこが枯れてないから、大丈夫!なんて ちょっと無理なお願いをしている最中です(^^ゞ
by Yasuko (2007-06-01 20:33) 

毎日欠かさず見てあげること・・・!確かにそうですね☆ 

おっしゃるとおり、意外とバラ自身がけっこうたくましい性質をもっているので、手をかけすぎたり、肥料を施しすぎたりして「過保護」になると枯れてしまったりしますよね。
ミニバラちゃんにもぜひがんばっていただいて、美しい花を咲かせてほしいです。画像楽しみにしてまーす☆
by (2007-06-01 23:15) 

Yasuko

ありがとうございます!

本当に植物って面白いというか‥、過酷な状況でもダメにならず立ち直ったものは、翌年 驚くほど 立派に育って綺麗な花を幾つも咲かせたりするんですよね。
年を経るごとに魅力を増していく花もあるし、その魅力にようやく気づくということもあるので、ダメにしてしまわないように頑張りたいと思います。

現在 蕾があがって開花準備中のがいますので、その子らが咲く日をどうぞお楽しみに~☆
by Yasuko (2007-06-02 14:27) 

ほんと「子供」と一緒で、植物って健気ですよね。
私の育てたバラたちで2鉢生き残っているのは、今年で4年目を
迎えることができ、先日少しですが花を咲かせました☆
Yasukoさんのかわいいお「子」たちの晴れ姿を楽しみにしてまーす!
by (2007-06-02 23:13) 

Yasuko

こんにちは~♪
生き残った2鉢のバラの1鉢、ジュリアなんですね☆
このバラも可憐で、フリフリの花びらがとても素敵ですよね。
デンティ・ベスも 清楚で美しいバラですね。
どちらも 無事 美しい花を咲かせてくれて、本当に良かった!
by Yasuko (2007-06-03 13:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。